文京さんぽみち

川を彩る桜の花で、春の訪れを感じよう!

今回のお散歩では、ちょうど満開となった桜を見ようと、神田川沿いをゆっくりと歩きました。今年は寒さが続いたこともあり、なかなか桜の花が開かず待ち遠しかったですね。しかしその分、きれいな桜を見れたときの感動はひとしおです!
文京区のお花見ポイントとして、今回ご紹介するさんぽみちを是非参考になさってください。

イメージ

桜で覆われた ピンクの川を渡って

園からすぐの江戸川橋を渡りながら、みんなで神田川を眺めます。かつて上流は神田上水、中流は江戸川と呼ばれていたこの川は、江戸の町の人へ飲み水を供給するという大切な役割を担っていたそうです。そして1980年代以降川岸が整備され、植えられた桜がこんなに大きく育ったんですね。
そんな川を覗いてみると…桜の花びらが水面に散りばめられ、きれいなピンク色に!園児たちも、「うわぁー!」と驚いていました。

イメージ
イメージ

いつもと違う装いの、 江戸川公園

さらに川を進んでいくと、きれいな白い鳥を発見!白サギかな?自然が溢れている証拠ですね。そうして歩いていくと、江戸川公園が見えてきました。度々お散歩にくるこの公園は、神田川沿いに広がる東西に細長い形で、花見の名所の一つとしても有名です。
園路を歩いてみると、川に沿って植えられたおよそ145本ものソメイヨシノが咲き乱れ、いつもの公園とは全く違った風景に。名所なだけあって、お花見をしている人たちもちらほら…。休みの日には、お弁当を持って家族でゆっくり、なんていうのもいいですね。

大人は、 風流な夜桜見物も!?

子どもたちとの散歩はここでおしまいですが、番外編として夜の神田川沿いもご紹介。ライトアップされた夜桜が川面にも映し出され、とても美しいですね。昼間の、元気をもらえるような爽やかな桜とは一味違い、艶やかさを感じられ、心が癒されるような夜桜。同じ場所でも二度楽しめます。そして、夜の江戸川公園には出店も!美味しいものをいただきながら桜を見られるなんて、贅沢ですよね。
今年はもう散ってしまいましたが、ぜひ来年の「お花見散歩コース」として、神田川沿いに遊びに行ってみてください!

イメージ
SMINE with TOWN
このページの先頭へ