文京さんぽみち

都会の中心で、季節の自然を感じよう

文京区にある「椿山荘」というと、結婚式場やレストランの印象が強いかと思いますが、実はその庭園は無料で開放されており、散策にはぴったりの場所です。保育園のある江戸川橋からも、徒歩10分程度で行くことができます。
今日は庭師の岡安さんに案内をお願いし、歴史や四季折々の自然を楽しめる椿山荘の庭園をお散歩してみましょう。

イメージ

風鈴の音色を聞きながら

お散歩に行った8月には、椿山荘では「風鈴の杜」という催しが行われていました(現在は終了しています)。
江戸風鈴を使った「風鈴の路」を通ると、美しい音色が重なって聞こえてきます。様々な色や形の風鈴が奏でる音を聞きながら、緑に囲まれた道を進んでいきます。

イメージ
イメージ

雅な輝きを放つ、三重塔

幽翠池の向こう側には、庭園のシンボルとも言える見事な三重塔が見えます。東京都内に現存している古塔は、この三重塔を含めて3つしかないそう。
三十塔は今年改修工事を行ったばかりで、葺き替えた屋根の銅板はきらきらと輝いてみえます。貴重な文化財に触れることは、子どもにとってもいい経験になりそうですね。

庭園を彩る水のせせらぎ

椿山荘では豊かな緑はもちろん、耳をすますと美しい水のせせらぎも聞こえてきます。昭和58年に椿山荘とともに完成した滝を囲む大石は、山梨県の塩山から運んだものとのことで、荘厳な雰囲気が伝わってきますね。
ちなみにこの滝は、なんと裏側を通ることもできるんですよ。なかなかできないこの体験、子どもたちも喜ぶのではないでしょうか。

イメージ

椿山荘のこれから

2012年で60周年を迎える椿山荘。歴史ある庭園として、今後も様々なイベントを通して世代を超えた思い出作りに貢献していきます。
1月からは、100種類1000本の椿を散策路マップをもとにご鑑賞いただけるイベント、「庭園 椿の散策路」を開催。また、春には満開のソメイヨシノを見ながらお花見、夏にはホタルの鑑賞など、1年中楽しむことができるイベントと美しい自然をご用意してお待ちしています。ぜひ、ご家族でお散歩をお楽しみください。

イメージ
SMINE with TOWN
このページの先頭へ