文京さんぽみち

じゃぶやぶ池 音羽児童遊園で 水遊びをして涼もう!

文京区にはたくさんの公園がありますが、今回のおさんぽではその内の一つ「音羽児童遊園」に行きました。
ここにある「じゃぶじゃぶ池」は暑い夏に嬉しい水遊びができるので、子どもたちが大好きな遊び場です。少し寄り道もしながら、ほてった体を水遊びでひんやり冷まして楽しみましょう。

イメージ

江戸川橋から川をのぞく

保育園を出て歩いていき、駅名の由来である「江戸川橋」を渡って公園に向かいます。
橋の下には何が見えるかな?橋の架かっている神田川を覗きながら歩きます。春にはこの川沿いは桜でいっぱいになるそう。楽しみですね!

イメージ
イメージ

音羽児童遊園へ到着!

音羽児童遊園に着きました! じゃぶじゃぶ池で遊ぶ前に、手前で少し休憩。暑い中喉が渇いたので、冷たいお茶をゴクゴク飲んでから、遊具で遊んだり、広いスペースを走り回ったりします。
高架下なので日陰ですし、周りはフェンスで囲まれていて安全に遊べるのでいいですよね。

みんなで楽しく水遊び

さて、少し奥に行くとじゃぶじゃぶ池に着きました。「あれ?水が流れていない?」と思ったら、池の端から水がどんどん流れてきました。毎日新しい水が流れてくるので、とても衛生的です。
みんなで一斉に靴を脱いでバシャバシャと池に入り、ジョウロに水を入れたり、水鉄砲をうち合ったり、水の中に寝転がってみたり・・・それぞれの遊び方で楽しみます。「先生ここに水入れてー!」「○○ちゃんに水かけられた!」など、大きな声ではしゃぎながら元気に水の中を走り回ります。

イメージ
イメージ

帰り道のお土産は・・・?

水に濡れながらたくさん遊んだら、着替えをしてみんなで帰ります。セミが大きな声で鳴いている木の下を通って帰っていると、セミの抜け殻を発見!あ、こっちにも!みんなおそろいでブローチのように洋服に付けて、先生に自慢しながら歩きます。
水遊びではしゃぎすぎて疲れてしまったかな・・・と思いきや、帰り道までみんなとっても元気で、最後まで楽しいおさんぽでした。

SMINE with TOWN
このページの先頭へ